トマトソースはパパの味!セクシーな口当たりが魅力♪

トマトソースといえば、イタリアではマンマの味ですが、

ここ日本では、パパが仕込むケースもあるようでございまして(笑)

ならば、こだわる事で、セクシーさと、自然な甘みを感じられる…

そんな男でありたいと思えるトマトソース、作りませんか?

冷凍OK、小分けOK、仕込んであげて、忙しい大切な方に、ちょっとだけ喜んでもらいましょう!

今後、アップしていく、僕のイタリアンレシピのベースとなるトマトソースです。

そんな時間は掛かりませんので、白ワイン片手に、どうぞ、お試しあれ〜

10718358_718663711545332_2125174708_o

材料

変わったもの、高いもの、使いません!

でも、水は一滴も使いません(笑)

男性ならではの、こだわりと、手間暇。これがすべてのポイントです。

10718136_718659711545732_32977668_o

トマトソース1ℓ(200ml×5個のイメージ、200mlで2人前の分量)の仕込みの材料です。

1、ホールトマト水煮 2カン 400g×2個 2、玉葱 2個 3、セロリ 1本 4、にんにく ひとかけ

5、白ワイン 1本(安いので良いです) 6、ローレル 2枚、 7、オリーブオイル 大さじ2 8、塩、胡椒 適量

さて、下こしらえが大事、細かい作業に入りますよ~

10718374_718659984879038_420125719_o

ホールトマトの水煮の缶詰、ボールにざるを載せて、ゴムべらで濾してください。

面倒ですが、丁寧にね。愛情が大切ですよ!

必ず、食べてもらう人をイメージして、種を取り除いて、トマトの繊維を断ち切りながら、濾していきます。

10686320_718660174879019_1993545550_o

ほら、種だけになります。ここまで、丁寧にお願いしますよ。

10709618_718660381545665_1092148921_o

ざるの裏まで、きちんと濾して、ボールに入れておきます。

そうそう、水煮缶の空き缶、ゴムべらで取り出しても、結構、トマトジュースが残ってます。

10707470_718661494878887_1303996672_o

なので、白ワインをいれて、余すことなく使うように心懸けます。

作りながら飲む、自分の量を、別なコップにいれて、ですけど(笑)

泣いてもいいから、ちゃんとみじん切りにね(笑)

10718505_718660554878981_1860268754_o

玉葱、セロリ、にんにくを、それぞれみじん切りにします。

大きさがそろうように、丁寧にね。

10717445_718660798212290_1870676884_n

準備が整ったら、大さじ2のオリーブオイルを冷たい状態のフライパンにいれ、

にんにくのみじん切りを加えて火をつけます。

さて、煮ますよ~♪

10711690_718660948212275_1627043238_n

中火です。焦がさないように、にんにくから、香りが出てきて、色がついてきたら、

10707869_718661104878926_192975910_o

玉葱と、セロリのみじん切りを入れ、混ぜ合わせながら炒めます。

10677125_718661618212208_309046661_o

水分が飛んで、玉葱がしんなりしてきたら、空き缶に入れてあった、白ワインを投入です!

 白ワイン入れたら、強火です!

10718330_718662078212162_1961751918_o

で、一気に強火にすると、アルコールも飛びますし、あくも出てきますので、しっかり取り除きます。

10711256_718662258212144_215315251_n

アルコールが飛んで、あくをとったら、ボールに入れておいた、濾したトマトジュースを投入します♪

ここでも、強火ね。

10682836_718662458212124_1132987278_o

すぐにあくが浮いてきますので、これも、しっかり取り除きます。

で、あくを取り除いたら、中火に落とし、ローレルを入れます。

1486945_718662691545434_272246799_o

この時の、水分量(鍋肌の高さ)を、忘れずに覚えておいてくださいね。

ふたをせず、このまま煮続けて、この水分量が半分になるまで、煮詰めますから。

たまに見て、混ぜながら、中火というよりは弱火で煮詰めてください。

10667631_718662881545415_160409329_o

こんな、感じになります。

ここで、味見を!美味しいですよ~、で、そんなに味を決める感じじゃなく、塩と、胡椒を入れて、

味を調えます。

フードプロセッサーで、滑らかに♪

10718252_718663281545375_806975284_o

ハンディタイプのバーミックスとかが、こう時、めっちゃ役立ちます。

滑らかな舌触りになりますし、空気が入って軽い仕上がりになります。

10718290_718663421545361_783832495_o

ジップロックの小の容器、200mlで4個と、あと1個分はフライパンに残して、太めのスパゲッティを和えようかなと。

ゆでたてのスパゲティを、よく湯切りをして和えるだけです。

10718358_718663711545332_2125174708_o

お皿に盛りつけて、粉チーズをふったら、ポモドーロの出来上がり♪

このあたりで、白ワインから、赤ワインに変えてみてください~

それはそれは、こんな簡単なのに、なんて美味しいの!って感じになります。

このポモドーロ、本当に美味しいので、ぜひ、トライしてほしいです♪

冷凍でも、持ちますし、いろんなつまみのベースになります。

また、おいおいアップしてきますね~

 

The following two tabs change content below.
木﨑 利長

木﨑 利長

ざっきー
1968年名古屋市生まれ。金融機関に勤務。クライアントの事業価値を向上させる事を目的とし、仕事を通して取り組んでいます。
化学メーカーの住宅部門に約9年。1999年2月生命保険会社に、ライフプランナーとして参画。
具体的には、上場企業を含む約80社の親密取引先のご縁を中心に、生命保険契約をお預かりしており、財務や資金繰りといった経営課題ついての改善や、売上を伸ばすための営業研修など、お客様の事業価値を向上させるための具体的なソリューションを提供し、経営者の弱音をも受け止められる担当者を目指し日々精進中です。
 (※このブログでの意見は全て個人の意見であり所属する団体の意見を代表するものではありません。)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • pinterest
  • Linkedin
  • feedly
  • livedoor
  • rss
富裕層の方から自己破産された方まで、寄り添ってきてわかった「お金」の話

僕は18年間、完全歩合給という形で金融機関に勤務しながら、マーケティン

「食べることは、生きること」って、ざっきーは思うのです

先日、ちょいといろんなきっかけが重なりまして、90歳を超えるレディーに

「仮想通貨」がだだ下がりの最近、皆さまの「現実通貨」は大丈夫?

ビットコインをはじめとして、仮想通貨が軒並み暴落していますね、、、

「お疲れちゃん」が、フォトブックになりました〜

心が弱かったので、心屋仁之助さんが主催する、心屋塾に出会うことができま

「問題を作り出している」のは、自分自身の不安と恐れじゃない?

7ヶ月前から、カウンセリングのセミナーを受けていました、ざっきーです。