胃袋掴まれる前に掴まえろ(笑)これぞ、男の肉じゃが!

春になりますと、春物野菜が出てきます。

菜の花、筍、山菜、などなど、、、

でも、一年中ありそうな野菜も、新ものになります。

 

新じゃが、新玉ねぎ、新人参。

これらの「新もの」が、何が違うかというと、

皮が違うわけですね。

 

春の時期の野菜は、皮が薄く、香りが高いのが特徴です。

野菜の皮って、本当に甘みや、香りや、栄養がいっぱいあるんですけど、

どうしても、口に残りやすかったり、

敬遠されがちなんですが、、、

 

でも、この時期の新ものだけは、

皮が薄いのが特徴です。

なので、、、

皮を剥かなくても、十分美味しい、

男っぽい「肉じゃが」です。

 

簡単なんで、やってみてくださいね。

普段は、避けているものでも、

そこには、理由も、効果も、甘みも、、、

あります。

 

さて、経営の視座の一つに、経営資源の適正化があります。

捨てるものも、ほんとうに、いらないのかどうか。

そんな点にも気を配りながら、

ぜひ、レッツ・クッキング!!!

 

11103957_831614360250266_1584879339_n

さて、材料からいきますね♪

11137427_831606390251063_767175273_o

1)新じゃが 小さいもの6〜8個 2)人参 一本 3)新玉ねぎ 一個(写真は普通の玉ねぎですw)

4)牛肉 200g 5)その牛脂(ラード) ひとかけ 6)出汁 3カップ

7)醤油 大さじ3 8)酒 大さじ2 9)味醂 大さじ2 10)砂糖 大さじ1

11)塩 小さじ1

 

牛肉は、薄いやつにしてくださいね。

でね、

いい牛肉にしてください。

 

ちょっとだけでいいです(笑)

で、

その、いい牛肉の「牛脂(ラード)」をもらってください。

この牛脂(ラード)が決め手になりますので。

11067788_831606566917712_412771425_o

さて、

まずは、材料を切り、そろえます。

 

新じゃが、この時期の人参は、

皮を剥かずに、切ってください!

剥かないで、いいですよ。

簡単ですよ、ね♪

 

玉ねぎは、皮をむいて、八等分にくし切りにします。

 

牛肉は、適当に切ってください。

絶対に、薄いやつにしてくださいね。

 

牛脂(ラード)で、野菜を先に炒めましょう!

11130853_831606640251038_336938147_o

小鍋に、ラードを入れて火にかけます。

しらばくすると、油になりますので、

そうしたら、人参から炒めます。

 

他の材料とは火を入れる時間が違いますから、

別々に炒めてくださいね。

 

人参は5分ぐらい、

というか、皮に火が入り、

香りが立ってくると、

本当に香りがします。

もういいよ!って材料が言ってくれるので、

焦げる手前まで、火を入れてください。

ね。

11132250_831606796917689_61165011_o

で、こんな感じで、黄色が鮮明になってきたらOKです。

 

さて、次は、新じゃがです。

新じゃがも5分ぐらい。

こちらも、皮に火が入ると、

香りが立ってきます。

 

で、

切り口の皮の部分が、

だんだん透明になってきます。

人参とは違った、香りがします。

 

ね。

野菜って、火を入れるだけでも、

甘く、いい香りがするんです。

いい香りってのは、美味しいよ!っていう合図です。

11040988_831607993584236_420224462_o

人参も、新じゃがも一緒ですが、

あまりゆすらないでね。

そんな簡単に、焦げないから。

 

香りを嗅ぎながら、

ところどころに、焼き目がつく感じを、

目指してくださいね。

 

では、最後。

玉ねぎを炒めます。

11105831_831608786917490_474613148_o

こちらは、強火で、

よく混ぜながら。

かるく、焦げ目が着くぐらい。

目安は2分です。

 

後で煮ますし、ここでは、牛脂(ラード)をまとわせて、

甘みを引き出している感じです。

 

11132183_831608880250814_1192959363_o

こんな感じに、下処理ができました。

 

さて、あとは煮るだけ♪

11127431_831613033583732_86596115_o

出汁3カップをいれた小鍋に、

炒めた、新じゃが、人参を入れ、

ひと煮立ちさせます。

11105950_831613283583707_75621586_o

で、

アクが出るので、

軽くとってください。

 

そうしたら、時間差で、

玉ねぎを上に乗せてください。

勝手に混ざるので。

こんな感じでOKです。

11136551_831613376917031_1225376826_o

玉ねぎをいれて、

ひと煮立ちしたら、

先に合わせておいた調味料を入れます。

1)醤油 大さじ2(後で別に、大さじ1入れますので、ここでは2です)

2)酒 大さじ2 3)味醂 大さじ 2 4)砂糖 大さじ1 5)塩 小さじ1

11136537_831613540250348_2109295562_o

ぐつぐつ、

中火で、

10分、

蓋をしてね♪

11100534_831613673583668_539486804_o

ほーら、ここで味みてくださいね。

思った以上に甘みと、甘みがたっぷり。

と、

野菜の香りに、気づきますから!

 

仕上げは、「追い牛肉」で、旨味を爆発させます!

そう、

牛肉は、

追い鰹、と同じ役割だと思ってください。

なので、

薄いもの、

なので、

高いものでも少量でOKなのです。

大丈夫、

この方法なら、

牛肉、硬くなりませんから!

 

さて、10分煮たところへ、

牛肉入れます。

11086217_831613803583655_1650146397_o

ほぐします。

軽く、

アクとります。

そんな、こまめじゃなくても、

大丈夫です。

ああ、そうだ、

中火です。

11065530_831613936916975_690464214_o

牛肉なので、すぐ火が入りますよね。

で、

アクもそんなに出ないので、

ちょっととったら、

火を止めてください!!!

 

で、止めたら、

1)醤油 大さじ1

を、回しかけて、

蓋して、2、3分待ってください♪

11030658_831614030250299_436924728_o

これで、完成です。

大丈夫、

簡単に冷めないですから♪

 

この、火を止めてから、

味がしみますので。

なので、

蓋して置いておけば、

ちょっと、冷めてたぐらいが、

一番美味しいかも(笑)

 

 盛り付けてね♪

11122225_831614600250242_1444679465_o

 

これ、よく見ると、

簡単な料理で、

シンプルだけど、

万人受けしそうな(納豆はあれかなw)

和食の晩ごはん(笑)

野菜が、こんなに美味しく、

あと、

冷めても美味しいのが、牛脂(ラード)の魔法!

 

この牛脂(ラード)できれば、

美味しいお牛さんのがいいので、

ちょっといい肉を買って、その時に、

「あっ、一緒に、この牛の牛脂(ラード)ください」

って言って、

ゲットしてくださいね(笑)

これで、十分、美味しくなりますから。

 

さて、気づきませんか?

どこに、一番高価で、効果が高い材料を活用するのか

ということです。

 

僕は、「料理」と「経営」って、

もの凄く、似てると思うんですよね(笑)

 

 

The following two tabs change content below.
木﨑 利長

木﨑 利長

ざっきー
1968年名古屋市生まれ。金融機関に勤務。クライアントの事業価値を向上させる事を目的とし、仕事を通して取り組んでいます。
化学メーカーの住宅部門に約9年。1999年2月生命保険会社に、ライフプランナーとして参画。
具体的には、上場企業を含む約80社の親密取引先のご縁を中心に、生命保険契約をお預かりしており、財務や資金繰りといった経営課題ついての改善や、売上を伸ばすための営業研修など、お客様の事業価値を向上させるための具体的なソリューションを提供し、経営者の弱音をも受け止められる担当者を目指し日々精進中です。
 (※このブログでの意見は全て個人の意見であり所属する団体の意見を代表するものではありません。)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • pinterest
  • Linkedin
  • feedly
  • livedoor
  • rss
今の自分を生きて分かった、この世界は残酷に優しくて、自分で創ることができるということ

僕は週末を休む保険屋なので三連休ですが(笑)みなさま、いかがお過ごしで

「日銀の出口政策」はどうなるのか、真剣に考えてみたよ!

さて「日銀の出口戦略について、ざっきーはどう思うの?」と聞かれる事が、

「ざっきーきっちん」で、伝えたかったのは「食べることは、生きること」

僕はざっきー、金融機関の正社員で経営者専門の保険屋というのが、履歴書の

ファイナンス理論とは、何の関係もない「借金」についての想う事

ちょっと前に、会った事も、話したことも、SNSで絡んだこともなかった方

富裕層の方から自己破産された方まで、寄り添ってきてわかった「お金」の話

僕は18年間、完全歩合給という形で金融機関に勤務しながら、マーケティン