ミートソースを自分で作ってみると、気付きがあります♪

多分、ミートソースっていう言い方は、日本独自だと思うんですね。

かつてイタリアに旅行に行った時、フィレンツェのトラットリアで

ソラマメのパスタをいただいたのですが、

あんまりにも、シンプルで美味しくて、

そのお店のマンマといろんな話(ほぼ、ボディーランゲージ 笑)

をしている中で、

無理言って作ってもらったのが、

僕のベストミートソーススパゲッティ。

正式には「パスタ アラ ボロネーゼ」

そう、ボローニャ風って事ですね。

その時のソースのポイントは3つ。

1、内臓が、隠し味

2、肉は、挽いてはだめ

3、ごげが、旨み

さあ、どうでしょう。

ちょっと作りたくなってきませんか?

10918489_781407045270998_2108945613_o

 

 

さて、材料からまいりますか・・・

前回の、レバーペーストで使わなかった、

鶏のハツ(心臓)を使いたいと思います。

10927499_781399558605080_1125029406_o

作りやすい材料の量は、下記の通りです。

1、牛肉(切り落としで十分) 200g 2、鶏のハツ 80〜100g

3、玉ねぎ 1/2個 4、にんにく ひとかけ 5、セロリ 1/4本

6、トマト水煮缶 1個 7、赤ワイン 適量

8、ローリエとか、ハーブとか、残り野菜とか

まあ、トマトソースを作る材料プラス「お肉」って感じでしょうか。

 

さて、肉から下準備を始めます♪

10909386_781399861938383_1024058339_o

さて、ハツは根元に脂肪が付いています。

これ、ハツが常温に戻りますと、包丁の背の部分でそぎ落とせば外れます。

実は、ここに臭みがあるので、外してくださいね。

脂肪の部位によっては、臭みがあることを覚えておいてください。

10927593_781400328605003_1553188432_o

で、細かく、刻んでおきます。

 

次に、牛肉も、刻みます。

まずは、細切りにして、それから刻みます。

そんな、細かくしなくていいですよ。

要は、ミンチにして、肉が粉々になるんじゃなくて、

肉質感が残るようにすることが、最大のポイントなんです。

挽肉と、肉を刻んだものは、別物だと思ってくださいね。

10923099_781400675271635_1495210652_o

ほら。こんな感じ。

で、トレーに並べて、肉の下準備ができました。

10918850_781402541938115_834063015_o

 

次に、野菜の準備をします

結論は、なんでもいいのです。

玉ねぎと、セロリは、最低限必要です。

今回は、人参が残っていたので、それも入れました。

野菜は、旨みの演出です。

なので、いろんなもので大丈夫。

コンソメを取るための野菜ならOKです♪

10909203_781401535271549_2024943992_o

ほら、こんな感じ。

で、野菜は先に、オリーブオイルで炒めてください。

野菜は焦がさないように、丁寧に、キツネ色にしてくださいね。

10918430_781402301938139_369203825_o

 

次に、トマト水煮缶の下処理をします。

ポイントは、たった一つ。

種を取り除きましょう。

10918813_781401115271591_1610849665_o

大変です。

こうやって、網にかけて、全部を漉せばいいんです。

簡単ではありませんが、

結果が、全くちがいます。

そう、

全く違うんです。

10912738_781401325271570_410351470_o

こんな感じに、濾すことができたら、それで準備万端です。

この、ひと手間が、結果に大きく影響を及ぼす。

 

なんか、

仕事に、

似ていませんんか?

 

手を抜いたかどうか、

は、

結果に反映しませんか。

 

僕は、料理から、それを学びます。

だから、料理に例えます。

 

自分の大切なもの、

自分の好きなものは、

手を抜きません。

僕なんかは、

いっぱい手抜きをしますので、

反省も込めて、料理をします。

 

できれば、大好きな、大切な人のために。

仕事と、

一緒ではないでしょうか。

 

では、調理に移ります。

まず、オリーブオイルで、にんにくを炒め、

香りを出します。

10912412_781401835271519_1047633738_o

今回は、強火で行きますよ。

 

まずは、ハツから、

強火で、焦がしましょう。

 

そう、

焦がすんです。

 

専門用語で、メーラード反応。

 

これが、旨みの要素であり、

ボロネーゼの、色の由縁です。

10909249_781402881938081_452936235_o

とはいえ、焦がし過ぎてもダメなので、

 

焼き色がついたら、

牛肉を入れます。

 

これも、焦がします。

 

で、

お箸とかで、牛肉は、ほぐさないでください。

ここが、ポイント。

 

どうせ、後で煮ますので、

肉感が大切なのです。

 

焦げているところと、

そうじゃないところの、

アンバランスさ。

 

です。

10909661_781403238604712_161001965_o

こんな、ざっくりした感じ。

 

こうなったら、赤ワインでフランベします。

 

次に、

炒まった、野菜投入してください。

10918443_781403555271347_502008501_o

ざっくり馴染んだら、

トマト水煮缶を、漉したものを入れます。

10909295_781404731937896_617903429_o

で、

煮詰めます。

 

あまり、

いじりません、

 

あく、

とりません、

 

だって、

それが、

旨みだからです。

10906685_781405658604470_1100107543_o

水分が飛ぶと、

こんな感じ。

10912421_781406001937769_89634852_o

最後に、塩、胡椒などで味を整えます。

 

ハーブを入れてもいいですし、

入れなくても、大丈夫。

 

正直言うと、

塩だけで、味を決めたいですね。

 

だって、素材の旨みたっぷりだし、

ハツの内臓の癖のある旨みが、活きてくるからです。

 

まとめ

10918498_781406538604382_2123128766_o

最後は、ご自身の味付けで大丈夫です。

 

冷めたら、このように容器に入れて、

冷凍すれば大丈夫。

 

はっきりいって、オイリーじゃ無いし、

市販のミートソース独特の、変な後味もありません。

 

できれば、

出来上がったばかりの、ボロネーゼソースと、

茹でたてのパスタを合わせてください。

 

ショートパスタでも、タリアッテッレでも、

何でも、大丈夫です。

10918489_781407045270998_2108945613_o

ほら。

ほら。

美味しそう♪

 

最後に、

このように、

粉チーズと、イタリアンパセリは、使ってくださいね。

 

僕のとっては、思い出深い、

「パスタ アラ ボロネーゼ」

イタリアンカラーの思い出は、永遠に色褪せすることはありません。

The following two tabs change content below.
木﨑 利長

木﨑 利長

ざっきー
1968年名古屋市生まれ。金融機関に勤務。クライアントの事業価値を向上させる事を目的とし、仕事を通して取り組んでいます。
化学メーカーの住宅部門に約9年。1999年2月生命保険会社に、ライフプランナーとして参画。
具体的には、上場企業を含む約80社の親密取引先のご縁を中心に、生命保険契約をお預かりしており、財務や資金繰りといった経営課題ついての改善や、売上を伸ばすための営業研修など、お客様の事業価値を向上させるための具体的なソリューションを提供し、経営者の弱音をも受け止められる担当者を目指し日々精進中です。
 (※このブログでの意見は全て個人の意見であり所属する団体の意見を代表するものではありません。)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • pinterest
  • Linkedin
  • feedly
  • livedoor
  • rss
物価が上がらない理由を、数字で読み解くと、未来が見えてくる

1ヶ月ほど前に、7−9月期のGDP速報値が出ましたが、個人消費はマイナ

最近の米国株式市場の動きを受けての、僕の資産運用のストラテジー

ここ1ヶ月で日経平均は2,000円も急騰しましたから、利確した方も多か

集客をアップしたい時や、売上を上げたい時に、やってみる価値がある方法

ざっきーでーす、経営者専門の保険屋で、フルコミッション(完全歩合給)や

今の自分を生きて分かった、この世界は残酷に優しくて、自分で創ることができるということ

僕は週末を休む保険屋なので三連休ですが(笑)みなさま、いかがお過ごしで

「日銀の出口政策」はどうなるのか、真剣に考えてみたよ!

さて「日銀の出口戦略について、ざっきーはどう思うの?」と聞かれる事が、