女性のハートをわし掴み♪失敗しないふかふかオムレツ!

女性って、フランス大好きな方多いですよね(すいません、イメージです)。

その、フランスの観光地で、人気のある、モンサンミッシェルって知っていますか?

僕、行ったことはないんですけど、よく聞く話が、そこの名物料理のオムレツ、

「二つ折りにした、ふかふかオムレツが好き〜」

で、そんな感じで、ちゃちゃって作れたら、「きゃー」って感じになりませんかね。

 

えーっと、

 

つまり、自分たちの価値観が大きく違う方の、

「ニーズをくみ取り、寄り添う」

ってもの、経営者としては、やれた方がいいんじゃないかな?

ってことで(笑)

まず、失敗しないし、かならず、ふわふわになるオムレツのレシピです。

10882901_772325889512447_1439550358_o

 

 

 材料も、シンプル!でも、材料を食べる人に言わないでね♪

10893091_772326172845752_1916619207_o

表題の写真の通りで、一人前です。

1、卵 2個 2、はんぺん 1枚 3、イタリアンパセリ、ディルなどハーブ 適量

4、パルメザンチーズ(パルミジャーノレジャーノをおろしてもいいですが、粉チーズでOKです)適量

5、バター 白胡椒 適量 6、牛乳 100〜200ml(写真には写ってませんので注意)

ほら、シンプルです。

でも、はんぺん使うこと、先に言っちゃダメですよ(笑)

えー、はんぺん!ってなりますから。

 

では、仕込みから。

10876399_772326319512404_153245554_o

まず、ハーブを切っておきましょう。

そうそう、こんな感じね。

 

 オムレツ液をつくります

10884152_772326459512390_309556915_o

さて、ボールに、卵二個と、はんぺんを入れます。

はんぺんは、写真のように、手で小さくちぎりながら、入れてくださいね。

包丁で切ってはいけません。

このあと、泡立て器でふっくらさせる時、鋭角な切り口よりも、

ランダムな手ちぎりのほうがいいからです。

で、ちょっとだけ、胡椒いれてください。

はんぺんには塩分がありますので、塩はいりません!

10577785_772326602845709_1288174635_o

はんぺんが崩れるように、

また、空気が入るように、攪拌しましょう!

で、もっちりしてきたら、牛乳を加えながら混ぜて、

オムレツの生地を作っていきます。

牛乳適量でお願いしますね♪

10883068_772326742845695_72654639_o

イメージとしては、ホットケーキを焼くときぐらいの硬さかな。

フライパンにいれたら、自然に広がるぐらいな感じ。

多少、はんぺんが形残っていても全然大丈夫です。

あんまり、シャビシャビにしないでね。

 

オムレツ焼きます〜

10855840_772326896179013_380750995_o

フライパンを熱し、バターをひとかけら入れます。

バターが溶けたら、オムレツ生地を流し込んでください。

火は、中火で大丈夫。

ゆっくり焼きますし、

すぐに固まりませんし、

強火じゃなくて大丈夫です。

これも、失敗しない要素ですね。

10883009_772327052845664_1336961944_o

で、ちょっと、スクランブルエッグのように、軽く混ぜます。

そして、焦げがつき始めたら、弱火にします。

ここから、ずーと、弱火です(笑)

固まってきたら、表面全体に、ハーブを振りかけます。

10876891_772327166178986_2018232890_o

次に、粉チーズを、全面に振りかけます。

10876423_772327272845642_1130663232_o

で、半分に折りまして、お皿に盛りつけます。

 

 何、この簡単な料理(笑)!

10877012_772328032845566_665066684_o

要するに、モンサンミッシェルのオムレツも、オムレツって言っても、

二つ折りにしたところにチーズを入れるだけのものなんで(笑)

写真とかで見る感じは、かなり焦げてるし、まあ、切った時にチーズがトロッと、、、

確かハーブも入ってたんで(笑)こんな感じじゃねー、って思い、作ってみました。

 

はんぺんを入れるアイデアは、学生時代に厨房で賄いを作っていた時に、

参考にしてた、土井勝先生のレシピで、卵焼きのレシピがありまして、、、

確か、はんぺんを使ってたかなと、、、

簡単なですが、ふるふる、ぷりぷり、香り良くて、塩加減も丁度いいオムレツ。

アレンジはいろいろできますが、オムレツ液のベースにはんぺんは、

以外と汎用性、高いかもしれませんね!

 

満足度大!ヘルシーさもあり、ボリューム、香り、薄味と、女性受け抜群!

お試しあれ〜

The following two tabs change content below.
木﨑 利長

木﨑 利長

ざっきー
1968年名古屋市生まれ。金融機関に勤務。クライアントの事業価値を向上させる事を目的とし、仕事を通して取り組んでいます。
化学メーカーの住宅部門に約9年。1999年2月生命保険会社に、ライフプランナーとして参画。
具体的には、上場企業を含む約80社の親密取引先のご縁を中心に、生命保険契約をお預かりしており、財務や資金繰りといった経営課題ついての改善や、売上を伸ばすための営業研修など、お客様の事業価値を向上させるための具体的なソリューションを提供し、経営者の弱音をも受け止められる担当者を目指し日々精進中です。
 (※このブログでの意見は全て個人の意見であり所属する団体の意見を代表するものではありません。)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • pinterest
  • Linkedin
  • feedly
  • livedoor
  • rss
ファイナンス理論とは、何の関係もない「借金」についての想う事

ちょっと前に、会った事も、話したことも、SNSで絡んだこともなかった方

富裕層の方から自己破産された方まで、寄り添ってきてわかった「お金」の話

僕は18年間、完全歩合給という形で金融機関に勤務しながら、マーケティン

「食べることは、生きること」って、ざっきーは思うのです

先日、ちょいといろんなきっかけが重なりまして、90歳を超えるレディーに

「仮想通貨」がだだ下がりの最近、皆さまの「現実通貨」は大丈夫?

ビットコインをはじめとして、仮想通貨が軒並み暴落していますね、、、

「お疲れちゃん」が、フォトブックになりました〜

心が弱かったので、心屋仁之助さんが主催する、心屋塾に出会うことができま